赤ちゃんストローの練習方法

こんにちは。るんるんママです。

今回は、赤ちゃんのストローの練習の仕方についてお話ししていきたいと思います。

6か月を過ぎた赤ちゃんは歯が生えてくる子もいると思います 。

離乳食も始まる時期なので、虫歯に気をつけたいですよね。

食事の後にストローでお茶などが飲めると、食べ物の残りカスを掃除してくれる役目もあります。

赤ちゃんは大人よりも体の水分量が多いです。こまめな水分補給が必要です。

そんな時にストローが使えると外出先でもとても便利です。

たくさん外出するようになるまでに練習しておきたいのがストローです。

ストロー練習のタイミング

ストローやコップはいつから始めたらいいのか悩むママパパは多いと思います。

実はこの時期から始めましょうって決まりはないんですよね。

でも、生後6か月頃になるとストローで水分補給ができるようになります。

月齢でもう始めなきゃ!と焦る必要はなく、ママがそろそろ使えるようになりたいと思うタイミングで練習してあげるのが良いみたいです。

ストロー練習の仕方3選

いきなりストローで吸ってみる

いきなりストローマグをくわえてみても上手に吸える場合もあります。

うちの子の場合は、くわえたら自分で上手に吸っていました。

でも、吸った後に飲みこむことは難しく、吸っては吐き出す、吸って吐き出す、を繰り返しているうちにごっくんと飲めるようになりました。

(上手に飲めるようになるまではいつも服がビタビタになっちゃいました。)

ベビー紙パックで飲んでみる

ママが紙パックを持ち赤ちゃんにくわえさせてあげます。

赤ちゃんがくわえた時に、少し紙パックを押してあげると飲めるようになるみたいです。

口に水分が入ったら、口からストローを離して、ごっくんと飲み込むのを待ちます。これを繰り返すと赤ちゃんが自分で吸い込むことができるようになります。

ただ、紙パック飲料には欠点もあります。

赤ちゃんが自分で飲めるようになると、紙パックを自分で押してしまい飲み物が噴水のように飛び出てしまう場合があります。

赤ちゃんは力加減ができないので、紙パックのケースを使って飲むようにすると良いです。

100均など、市販で売っています。コップのように持ち手も付いているので、赤ちゃんが自分で持つこともできます。折り畳みのできて外出時にも楽なのでおススメです。

スパウトなどを使ってみる

幅の広い乳首のような形状をしていて、ゴム製、プラスチック製のものが多いです。飲み口に小さな穴が開いていてマグを傾ければ自然に水分が出てくるので、哺乳瓶と同じように使うことができます。

スパウトは哺乳瓶の口より広く哺乳瓶のときより吸う力が必要になります。

ただ、哺乳瓶が苦手なお子さんはスパウトも哺乳瓶ににているから嫌がる子もいるみたいです。

【オススメ】ストロー練習アイテム紹介!

リッチェル アクリア いきなりストローマグセット

まだ何も練習するコップやマグを購入していない方にお勧めです。

プレセントにも喜ばれます。私もマグを出産祝いでいただきましたが毎日使わせてもらって、すごくありがたいです。

お出かけマグは生後7ヵ月頃から使えて軽くて丈夫です。持ち運びにもとっても便利です。

コップでマグの方はふたを外してコップとしても使うことができます。

ピジョンまぐまぐセット

生後3か月頃から使えるスパウト飲み口が付いていて、赤ちゃんの発達に合わせて変えられるパーツがそろっています。

飲み口をかえるだけで、赤ちゃんから4~5才まで、長く使えるのがいいですね 。

ピジョン ぷちストローボトル

たためるハンドルになっているので持ち運びに便利です。

開閉が簡単で中身がもれにくく、やわらかくて飲みやすいストローがポイントです。

ビタット・マグ

お家のコップにかぶせるだけでストローマグになる魔法のふたです!

コップにかぶせるだけで中身がこぼれません。

素材は薄く柔らかく持ち運びも楽なので、外食に行った時でも使えます。

ただし、赤ちゃんがふたを押したり、ストローを抜き差しすると中身が噴水のように出るときがありますので注意が必要です。

最後に

繰り返し、ストローをくわえる→吸う→口に飲み物が入る→ストローを離す→飲み込→ママが褒めてくれる

このサイクルを繰り返してあげることで苦手意識がなくなりストロー練習がうまくいきます。

いつかは必ずできるようになります。

大人になってもストローが使えない人はほとんどいないと思います。

今できなくても責めたりはせず、ストロー練習を中断して赤ちゃんの遊びに付き合ってあげるような気持ちでストロー練習をやっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です