【幼児】英語教育で教材は必要?具体的な勉強方法は?

英語学習の教材

幼児の英語教育で教材は必要?具体的な勉強方法は?

英語教育を幼児からやることはいいのはわかっているんだけど実際にどんな勉強方法でやればいいのかわからない。

英語教育には教材は必要なのだろうか。幼児の英語教育の教材は高そうだし・・・英語教育にはコツはあるのかな?

今日はそんな疑問にるんるんパパが答えていきたいと思います!


パパは学習塾を経営しています。教育のプロとして子どもたちを何百人とみてきましたし、これからの英語教育についても普段から勉強していますのでその観点からお話していきます!

結論から言うと1番いい英語教育の勉強方法は海外に移住です!
当たり前じゃん!っていう声が聞こえてきそうですが、、、なかなか出来ませんよね。

では、なぜ移住がいいのでしょうか?
ずばり英語をずっと聞くからですよね。
家で同じような状態にしてあげればいい!そのためにはオールイングリッシュの教材が1番です。

英語教育を幼児から始めたほうがいいの?

ある時期までに学ばないといけない脳の限界がある

英語教育で知っておかないといけないことです。

英語を学ぶのに年齢の限界があります。
このことをクリティカルエイジと言います。

英語(言語)の場合は個人差がありますが、8歳から13歳までに習得しておかないと母国語と同等のレベルまで高めることは困難です。

英語を習得するのに3,000時間必要

米国国務省の機関FSIの調査によれば日本人が英語を習得するのに3,000時間必要という調査結果が出ています。

単純計算するとこのようになります。
1歳から8歳まで毎日1時間
3歳から8歳まで毎日2時間
6歳から8歳まで毎日3時間

習得するのに3,000時間かかるので幼児の早い時期から始めたほうが1日の負担が少なくなります。

毎日1時間なら出来そうだけど毎日3時間は結構厳しい
という声をよく聞くので
幼児の英語教育は今日からスタートしましょう!

バイリンガルになればさまざまな可能性が広がる

今は大学入試で英語ができれば選択肢がすごく広がり、合格もしやすいです。
逆に他の教科が出来ても英語が出来なければ相当厳しいです。
それくらい英語能力は現代では大切です。

また、皆様のお子様が就職する際にはよりグローバル化が進んでいると思います。そして、将来の日本は経済的に衰退している可能性が高く、海外で活躍できなければ仕事がないという状態かもしれません。

翻訳がもっと発達しているから大丈夫!と思っている方もいますが、ネイティブに話せるか話せないかはビジネスをする上ではまったく変わってきます。また、TOEIC(ビジネス英語の能力を測る基準)のスコアなども評価されています。

幼児の英語教育はどんな勉強方法がいいの?

幼児の英語教育で1番目いい勉強方法は英語圏に移住です。

2番目は、日本国内で同じような環境がつくれるインターナショナルスクールです。
インターナショナルスクールは学費がかなり高かったり、近くになかったりする場合は難しいです。

3番目は、オールイングリッシュの教材です。
工夫と教材次第で日本いながら英語を学ぶことが出来る教材がオールイングリッシュの教材です。
オールイングリッシュとは日本語がない英語のみの教材のことです。

オールイングリッシュの教材の中でも音声だけではない映像教材がいいです。
その理由は、赤ちゃんの覚える順番で「見る」があります。音声の教材では学べない口の形や発音されているものを見て覚えるからです。

赤ちゃんの覚える順番
①見る・聴く・感じる
②話す
③文字を覚える

この勉強方法でどのように家で英語学習すればいいか、どんな教材がいいかを説明していきます。

もう一度言っておきますが、学習塾の塾長として教育に携わっていると英語教育の大切さや、幼児の早い時期から始めることのメリットはさまざま書籍やいろいろな先生方に話を聞いて実感しています。

私の娘も毎日1時間30分を目安に聞き流しています。忘れるときもありますが、まずは毎日つけておくだけでいいです。是非皆様も一緒に継続して頑張りましょう!

幼児期の英語教育の教材について

幼児の英語教育の教材は

・YoutubeなどのSNSのメディア
・TV
・有料の教材

YouTubeやTVであればお金もかからずいろいろな動画の幼児の英語教育の教材があります。
ただ、動画の種類が多く迷ってしまったり、無料なのでついつい毎日見ることを忘れてしまいます。

そこでパパが幼児の英語教育でオススメするのが有料の教材です。
これだけお金を使ったから頑張ろう!という気持ちが継続させるためにも必要です。
有料の教材で資料請求やサンプル動画などを見て、気に入れば使うという感じでいいと思います。

おすすめ教材(幼児の英語教育)

世界の七田式英語教材7+BILINGUAL  (対象:0歳~12歳)

◆特徴◆

(1)実践的な日常英会話フレーズ。
ネイティブの子供達が日常的に使うフレーズを会話形式で約700フレーズ収録。
1日7分~。CDの音声を聞いて、その通りに口に出すだけ。

(2) 高速右脳リスニング
CDには1.5倍速と3倍速の音声も収録。
右脳を活性化させて、より効率的な英会話学習が可能。

(3)英会話文を完全記憶する『400%学習法』
1日分のレッスンを4回学習する七田式独自の『400%学習法』を使えば
確実に頭に定着させることが出来る!

(4)聞いて・覚えて 楽しいストーリー
物語の中で英会話フレーズを完全記憶。
効果音・BGM付きCD、付属のイラスト集も使って子供自ら英語に夢中になる!

(5)無料7大特典付
「英語を話せない私が、子供をバイリンガルにするなんて・・・」ご安心ください。
無料の7大特典にはお子さんが自ら英語に夢中になる。

・全フレーズかけ流しCD(45分)
・全イラストぬりえ集(B5モノクロ、35日分)
・『賢い子供が育つ7つの習慣』(特別セミナービデオ42分)
・流暢な英語を話す子供にするための7つのポイント(特別セミナービデオ15分)
・7+BILINGUAL全英単語集(全1211単語 37ページ)
・子供Skype英会話レッスン<たっぷり25分×5回分を無料でプレゼント!>
・1年間 回数無制限!英会話・教育・子育てなんでも相談電話チケット

パパも七田式で幼児教育について学んだのでオススメ英語教材です!
七田式はすごいです!

↓↓7+BILINGUALについての詳しい情報はここから↓↓

【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

ミライコイングリッシュ (対象:0歳~6歳)

Miraico Englishは 5年の開発期間をかけて開発された元NHK基礎英語講師の田中先生監修のオールイングリッシュの幼児向けDVD教材です。

毎日見るためには教材そのものを好きにならないといけません。
そのために、世界で活躍する柏本郷司さんが子どもが好きになるパッケージデザインを行いました。

また、声優陣もNHK始め、多くのテレビなどで活躍する第一線級の豪華声優陣です。また、1日30分見るだけというところも始めやすいと思います!

30分はこの映像教材で残りの時間は音声のみのCDもあるので流しておくか、Youtubeの英語の動画と組み合わせるて使ってみるといいです!

メールアドレス等を入力するだけでサンプル動画が無料で見れるのでオススメです!

↓↓ミライコイングリッシュのサンプル動画のお申し込みはここから↓↓

幼児向け英語DVD教材のミライコイングリッシュ

ディズニーの英語システム (対象:0歳~4歳)

一番有名といってもいいディズニーの英語システムで「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

↓↓ディズニーの英語システムの無料サンプルのお申し込みはここから↓↓

マタニティ&0才から4才までのお子さまに、無料サンプルプレゼント!

幼児の英語教育の注意点

①強制しない
②本人が楽しめるように親も楽しみながら
③まずは興味がでるまで1時間つけておくだけで大丈夫
④興味がでて見れるようになったら一緒に見て楽しもう!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です