バイリンガルを目指す幼児の英語教育の基本編

るんるんパパです。

今日は

https://papamamarunrun.com/wp-content/uploads/2020/03/1266680.jpg
パパとママ

日本人はこれだけ学校で英語教育をしているのにしゃべれるよう(バイリンガル)にならないのだろう?

こういった疑問にお答えしていきます。

日本人の多くの人は、小学校・中学校。高校そして大学まで行けば計10年以上英語教育を受けているのにしゃべれない人が多いです。

学校でこれだけの時間、英語教育を受けているのにしゃべれるようになっていないので、当然の疑問ですよね。

結論から言うと、残念ながら日本人が英語教育を通じて身についていないことは当たり前ことです。

なぜなら、日本の英語教育の多くが間違った方法で教えているからです。

英語教育の間違った方法とは「文法」から学んでいくことです。

では英語教育の正しい方法とはどういった方法かというと、私たちが日本語を学んだように「見る・聴く」から始める方法です。この方法でなければ英語を身につけることは難しいのです。

では、学校の英語教育に頼らずに英語を身につけるためにはどのようにすればいいかというと、幼児の早い時期から始めることです。

幼児には言語を身につける力があります。

その力を活かして幼児の間に英語教育を行うことで、手間とお金をかけずに英語を身につけてバイリンガルになることが出来ます。

その幼児の時期の英語教育の方法を今日は紹介します。

バイリンガルを目指すには直接法しかない

直接法とは英語を日本語に訳さずに身につける方法です。

具体的には、appleは「りんご」と訳して身につけるのではなく、appleと英語のまま使用しながら身につけることです。

学校の英語教育は間接法です。英語を日本語に訳して日本語で理解するので、英語をいつまでたっても身につけられないのです。

海外に留学や移住すると英語しゃべれるようになるのは、周りがすべて英語になり英語漬けになること=直接法なので英語が身につくのです。

このことから、日本にいながらバイリンガルを目指すためには、とにかくリスニングやリーディングで「英語漬け」になるようにしましょう!

幼児の言語獲得能力とクリティカルエイジとは

言語獲得能力は幼児の時期が一番高いです。中学生以上になるとその能力は非常に低下し、直接法の勉強方法は中学生以上になるとかなり厳しくなってしまいます。しかし、幼児はいとも簡単に直接法で学ぶことが出来ます。

つまり能力が高い時期には限界があり、その年齢をクリティカルエイジ(脳の学習限界年齢)といいます。

幼児の言語獲得能力のすごさを改めて確認するために、日本語を身につけるまでの過程を考えてみましょう。

幼児が日本語を身につける時のすごさ

・親の会話から文法を学ばずに2年ほどで日本語を身につけてしまう
・個人の能力には関係なく、ほぼ100%の誰でも日本語は身につけられる
・家庭ごとに環境は異なるのに身につけるレベルは同じになる(語彙数は別)

これらをみればいかに幼児の言語獲得能力が高いかわかるはずです。

つまり、この期間に英語をやらないのは本当にもったいないです。

年齢や日本語のレベルによって英語教育の方法を変えよう

繰り返しになりますが、残念なことに年齢とともに日本語以外の言語の獲得能力は低下します。

できるだけ幼児の早く時期から英語教育を行いましょう!

この記事を読んでいて英語教育をしていなかったら今日から始めましょう!

英語教育で気を付けること

・年齢に合った方法を選択すること
・適正な質を確保すること
・十分な量の入力を確保すること

年齢に合わせた方法

幼児の場合は聞くだけでバッチリ!
小学校低学年は聞いて文字を見る。つまり耳と目を使いましょう!
小学校中高学年はフォニックスと音読です。どんどん声に出して読みましょう!

適切な質を確保すること

十分な量の入力は繰り返しになりますが説明や日本語訳を与えずに、ひたすら英語を聞き流す環境をつくることです。

十分な量の入力を確保すること

毎日1時間30分くらいを目安にしましょう。

英語を日本語に訳してはいけない!?

日本語で訳して理解していてはいつまでたっても英語は身につきません。

脳の中で

まず聞いた言葉を 英語→日本語

答える言葉を   日本語→英語

こんな作業をしていたら会話は成り立ちません。

英語は英語のまま理解できなければいけません。

そのためにどうすればいいか

インプットを続けると脳が単語のイメージを作り出すことが出来るようになります。

そうなれば英語をまるで日本語を聞いているかのように、文の意味が自然と理解出来るようになります。

その子にあった最適な勉強方法を知ろう

実は性別や兄弟姉妹で最適な勉強方法は変わります。

男の子は物事を目から理解する傾向にあります。

女の子は男の子に比べて、ことばからの理解が早くから発達する傾向にあります。

男の子は目から女の子は耳からインプットするとより効果的です。

幼児の場合は耳からが基本ですので男の子は目からの刺激も積極的に取り入れましょう

女の子は文字の刺激を入れてあげましょう

兄弟姉妹では

上の子の方が頭を使って考える傾向にあります。

読んだり書いたりする勉強方法がいいです。

下の子は直感で動きやすい傾向にあるので聞いたり暗唱する勉強法がいいです。

まとめ

以上のことを踏まえて幼児の時期から英語教育をしっかりと行ってお子様の将来の可能性をより広げてあげましょう!

お子様が成長してから英語が話せるようになりたいと思っても年齢的な限界(クリティカルエイジ)で身につけることは非常に難しくなってしまいます。

強制する必要はありません。幼児の時期は特に聞き流すだけで大丈夫です。脅すわけではありませんが、ここまで読んで英語教育をやならいのは子どもの可能性をつぶすようなものです!

幼児の時期は親にしかできないことです。是非一緒に楽しみながら英語教育を取り入れていきましょう!

教材については ⇒ 【幼児】英語教育で教材は必要?具体的な勉強方法は?

英語教室について ⇒ 幼児の時期に習い事で英語教育は必要?

落とし穴について ⇒ 幼児の英語教育の落とし穴のセミリンガルとは?

これらの記事も是非読んで参考にしてみてください!

1 COMMENT

【幼児教育】塾長パパの簡単★英語勉強法 – 大阪の自習室.jp へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です