0歳赤ちゃんおすすめ絵本10選

こんにちは。るんるんママです。

今回は絵本紹介をしていきたいと思います。

この記事では、絵本にはどんな効果があるのか、0歳児へのおすすめ絵本の紹介していきたいと思います。

赤ちゃんに絵本を読むなんて、理解できないのに意味あるの?

赤ちゃんに絵本って、意味ないんじゃないの?

そんな風に思われる方もいますよね。

しかし、赤ちゃんにとって絵本を読んでもらうことは、とっても大切なことなんです。

お母さんと赤ちゃんとじっくりコミュニケーションが取れます。

そして、お母さんの声で絵本を読んであげることで赤ちゃんはリラックスすることができます。

赤ちゃんは新しい物事をグングン吸収しています。

赤ちゃんへの絵本は物語を理解させるというより、良い刺激を与えているという気持ちで読んであげるのが良いと思います。

絵本を読んでいる最中、赤ちゃんが手を伸ばしてきたり、興味を持ってくれている時には、赤ちゃんのペースに合わせて寄り添って読んであげましょう。

赤ちゃんのうちにたくさん絵本を読んであげていると、子どもの語彙力が増えるとも言われています。

赤ちゃんのうちに、一日1回はゆっくり親子で絵本を楽しむ時間を作りましょう

赤ちゃん絵本おすすめ10選

いないいないばあ

「いないいないばあ」は世代を超えて愛されているベストセラー絵本です。「いないいないばあ」の手振りだけでも赤ちゃんは喜んでくれます。

本を読み進めていくといろんな動物の「いないいないばあ」が出てきて、うちの子もキャッキャッと大喜びで見てくれます。

じゃあじゃあびりびり

赤ちゃんが大好きな擬音語がたくさん入っている絵本です。色がはっきりしているので興味をもって見てくれます。赤ちゃんが触っても大丈夫で分厚いページなっています。まだ小さいうちは本を口に含んでしまうので分厚いのはいいですね。

しましまぐるぐる

赤ちゃんが好きなしましまとぐるぐるがいっぱいの絵本です。色もカラフルで、興味を持ちやすく、うちの子も気が付くと指で触っています。最後のページは穴が開いているので指を出し入れして遊びながら楽しめます。

おべんとうバス

お弁当の食べ物たちが集まってバスに乗ってお出かけするという話です。お弁当の中身たちが可愛く描かれています。ページもしっかりしているので赤ちゃんが触っても大丈夫です。食べるところで子どものほっぺを食べる真似をするとすごく喜んでくれます。

だるまさんが

だ・る・ま・さ・ん・がとゆっくり読んであげるととっても喜びます。だるまさんシリーズで他2冊ありますが、ゆっくり読み進められて、展開が楽しい絵本です。ページが薄いので赤ちゃんが破ってしまう危険があるので注意が必要です。だるまさんで縁起がいいのでプレゼントにもおすすめです。

ノンタン赤ちゃんシリーズ

ノンタン赤ちゃんシリーズは内容もとても簡単で読みやすいです。絵もとってもかわいくて言葉の繰り返しも多いので赤ちゃんにもピッタリです。ページは薄いので赤ちゃんが破ってしまう可能性があるので注意が必要です。

ごあいさつあそび

いろいろな動物があそびにきてごあいさつをします。絵本を縦にして読むタイプの絵本です。ページをめくると頭を下げる仕掛けになっていて、見ていて楽しいです。分厚いページになっているので赤ちゃんが触っても安心です。お出かけ版などもあり、カバンに入れても大丈夫なサイズもあります。

お?かお!

赤ちゃんが喜ぶ仕掛け絵本になっています。様々な顔の表情が出てくる絵本で、仕掛けを触って楽しむこともできます。顔は赤ちゃんがとても興味をもちます。うちの子も仕掛けで顔の表情を変えられるのでとても楽しんでいます。

もいもい

この本を読むと赤ちゃんが泣き止むと評判の絵本です。なぜか興味を持つ「もいもい」という言葉と、カラフルな色味が興味を引くみたいです。なぜかジーっと見てくれる絵本です。

ダイソー絵本

ダイソーの絵本

ダイソーの絵本ですが100円でこんな絵本があるなんてびっくりです。いろいろな種類の絵本があり、絵も可愛くて、内容もしっかりしています。ページもしっかりしているので赤ちゃんが触ってしまっても少しなら安心です。サイズが小さめなので持ち歩きにも便利です。たくさん舐めてしまうとボロボロになってしまうかもしれませんが、100円で買えるのでお勧めです!

赤ちゃんにはたくさん絵本を読んであげよう

赤ちゃんにとって絵本は「本」というよりは「おもちゃ」に近いものです。赤ちゃん向けの絵本には赤ちゃんの興味を引くはっきりした絵や構図、簡単な言葉のものが多いです。

たくさんの絵本に触れて親子のコミュニケーションのアイテムとして楽しみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です