【夏生まれベビー】出産前に買って良かった用品!すぐに欲しかったもの&いらなかったもの  

安定期に入ると、そろそろ出産のための準備を用意し始めますよね。

ただ、第一子の場合、いったい何が必要なんだろう。。。

ベビー用品がありすぎてどれがいいのかわからない。

と疑問に思う方もいると思います。

私も出産前にあれもいるかな?これもいるかな?といろいろ調べて買いそろえました。

出産してからでも間に合うものもあるので今回はこれは買って良かった、これは必要なかったなどお伝えしていきたいと思います。

うちの場合は6月の終わりごろに生まれたので季節はほぼ夏の時期でした。

地域によっても、季節によってもいるものは変わってくると思いますので少しでも参考にしてもらえたら嬉しく思います。

衣類、おむつ用品

おむつ

まず、おむつ!

これは絶対に事前に勝っておいたほうが良いです。

出産してすぐ自宅で使い始めます。

新生児のころはすぐにうんちとおしっこで汚れてしまいます。私は一日15回くらいおむつ替えをしていました。

新生児用のおむつおむつパックは週1ペースでなくなっていました。

産後すぐのママはなかなか買いに行くことはできないと思うので、最低3パック買っておくのをオススメします。

私はサイズチェンジしたら困るから…と新生児サイズを2パックしか買っていませんでしたが、すぐになくなりました。

約1か月くらいは新生児サイズのおむつで過ごしていました。

今はネットスーパーもあるので、なくなる前にネット注文するのもありですね。

ベビー服

出産前に赤ちゃん用品売り場へ行くと、新生児の可愛いベビー服が売っててワクワクしますよね。

これもかわいいとついついたくさん買ってしまうことがあると思います。

夏生まれの場合、ベビー服は2~3枚可愛いのがあれば十分です。

私は可愛いとおもったらすぐに買っていて、7~8枚はベビー服を買っていました。

しかし、夏生まれの場合、室内でもコンビ肌着(又の部分で分かれている肌着)一枚で過ごせば十分です。

新生児肌着セットがありますが、一番使うのがコンビ肌着だと思うので、コンビ肌着だけ何枚か買っておいてもいいと思います。

夏は室内で肌着、ベビー服と2枚も着ていたらすぐに汗疹ができてしまいます。

そして新生児のころはほとんどお出かけしません。

お出かけのための服、出先で汚した時の替えの服があれば十分過ごせます。

お出かけできるようになったら、新しいものを買い足しても全然間に合います。

(※冬生まれの場合はまた違ってくると思います)

ガーゼハンカチ

ガーゼハンカチはよく使えるので買っておいて損はないです。

7ヵ月の今も離乳食のときに使えています。

新生児のときには吐き戻しをすることも多くあり、ガーゼが役立ちます。

ガーゼはお出かけのときもいつも持ち歩いています。

お風呂・衛生用品

沐浴用のスポンジ

沐浴用のスポンジがあります。

これが沐浴の際にすごく役に立ちました。

スポンジに赤ちゃんを載せればママもどこかにぶつけてしまう心配が減るので、沐浴がすごく楽になります。

使い終わったら紐でかけて乾燥しておいて保管もできます。

赤ちゃん爪切り

これは絶対買っておいたほうがいいです。

生まれてきた瞬間から爪が伸びた状態で生まれてきます。

そして赤ちゃんの爪はすぐ伸びてしまいます。

すぐに伸びた爪で顔をひっかいてしまうので、生まれてすぐのころから使用していました。

ベビーソープ、ベビーローション

赤ちゃん用のものでないと肌荒れをしてしまうことがあります。

香料・着色料・が不使用の低刺激のものを用意していました。

夏は汗をかきやすいので1日に2回沐浴をすることをお勧めします。

沐浴から上がった後、すぐに保湿してあげる必要があるので、ベビー用ローションも用意していました。

1日2回全身にローションをつけるので、1か月1本くらいのペースでなくなっていたと思います。

お風呂後すぐに全身にべったりローションをつけているおかげでうちの子はほとんど肌荒れしませんでした。

授乳用品

授乳クッション

新生児期はまだ授乳の姿勢になれていなくて、肩や腕が痛くなってしまいます。

U字型の授乳クッションがあると授乳の姿勢が楽になるのでお勧めです。

搾乳機

私の場合、産後1週間くらいで乳腺炎になてしまい搾乳機が必要になりました。

電動のものと手動のものがありますが、手動のもので大丈夫かなと思います。

哺乳びん、乳首

母乳育児を考えていても哺乳瓶を一つは持っていて損はないと思います。

はじめのうちは母乳がうまくでない場合もあります。

哺乳瓶用消毒ケースく

電子レンジで温めてスチーム除菌をするものがおすすめです。

水を入れて5分で除菌ができてしまいます。

なんでも口に入れてしまう時期だと、おもちゃもまとめて除菌できるので重宝しています。

お出かけ用品

抱っこ紐、スリング

首が座るまでは横抱き用、首が座ったら標準型を使用します。

常に抱っこになるので、手が疲れてしまいます。

お出かけができない時期でも室内で利用していました。

新生児でも抱っこできるものがあるとすごく楽になります。

ちなみに私は新生児期にはスリングを使用していて、首が座った今はエルゴの抱っこ紐を使用しています。

ベビーカー

これはのちのち必要になってきますが、最初は買わなくで大丈夫だと思います。

お出かけできるようになってからお店に行って、赤ちゃんを載せて乗り心地を確かめてからの購入でも全然、間に合います。

チャイルドシート

チャイルドシート装着は義務なので退院の前までに車に装着しておきましょう。

<

こちらは値段も手ごろなのにすごくかわいくて日よけも付いていたので購入しました。

夏の日差しが暑い日などは日よけがすごく役にたちました。

赤ちゃんも寝心地が良いみたいでチャイルドシートに乗せるとすぐに寝てしまうことが多いです。

授乳ケープ

授乳室があるところなら問題はないのですが、授乳室がない場合の授乳はケープが役立ちます。

薄手のものなら、赤ちゃんが出先で寝てしまった時の肌掛けになります。

室内用品

バウンサー

バウンサー、これはあって本当に良かった。

少し背中の部分がまあるくなっていて気持ち良い姿勢になれるみたいです。

床に置くのはちょっと…というときにバウンサーがあると本当に便利です。

眠ってしまった赤ちゃんをバウンサーにおいてもそのまま眠りつづけてくれることも多かったです。

温湿度計

部屋の温度と湿度をチェックするのに便利でした。

大人の体感はあてになりません。。。

冷暖房や加湿を使って、冬でも夏でも快適な温度と湿度が保てるようにしています。

ベビーチェア


産後すぐは座れないのでまだ必要はありませんが、首が座ったらベビーチェアがあるとすごく楽になります。

特にお風呂の際には、頭や顔を洗っている間赤ちゃんを待たせなければなりません。

こちらは室内でも使えますが、私は主にお風呂で使用していました。

低重心で座れるので赤ちゃんが倒れにくい構造になっています。

音の出るおもちゃ、メリー

お祝いの品でもらう場合もありますが、音の出るおもちゃは新生児期でも赤ちゃんは気にしてくれます。

泣いていても音がすると一瞬泣き止みます。

メリーなんかも赤ちゃんが横になっている場所に置いておくとじっと見てくれるので、買っておいてよいと思います。

買わなければよかったもの

ベビーベッド

出産前にベビーベッドは必要ないかもしれないという助言をきいていました。

しかし、私たち夫婦はダブルベッドで生活しているので、赤ちゃんを一緒に添い寝させるのは心配。。。

ということで買ってしまいました。

やっぱり必要なかったですね。

最初の一か月はベビーベッドで生活をしていましたがベッドに置く際に泣いてしまうことが多くなり、結局添い乳になってしまいました。

ただ、新品で買うのはもったいなかったのでカトージのものを中古で5000円で購入しました。

ほとんど物置になっていましたね。

今でも場所をとっているので、レンタルにしておけばよかったと後悔しています。

ベビー布団セット

ベビーベットを使わなくなったので、ベビー布団とセットになっているマットレスも使わなくなりました。

布団は赤ちゃんにかけると窒息してしまう恐れもあるので全く使っていません。

かけ布団はバスタオルや、ひざ掛けで十分なので布団は全く必要なかったです。

ベビー布団セットで唯一使っているのは敷きパットのみです。

おくるみ

綿の毛布や、バスタオルで代用できるので必要なかったですね。

ベビーバス

新生児期の一か月しか沐浴はしないので、たった1か月のためのベビーバスは必要なかったですね。

うちはきれいに消毒した洗面台で、スポンジを置いて沐浴していました。

こんな感じで新生児期の記憶と今の実感からいるものいらないものをピックアップしてみました。

足りないものはネットでもすぐに購入できるので、産後一か月間はゆっくり家で過ごすようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です