幼児の英語教育の落とし穴のセミリンガルとは?

るんるんパパです。

https://papamamarunrun.com/wp-content/uploads/2020/03/1242271.jpg
ママ

幼児期に英語教育をやると日本語が出来なくなるんじゃないの?

https://papamamarunrun.com/wp-content/uploads/2020/03/1242271.jpg
ママ

日本にいながらバイリンガルになれるの?

こういった疑問の声を聞きます。

そこで今回は、幼児の英語教育の落とし穴ということでセミリンガルについてと、バイリンガルのメリットとバイリンガルを目指す正しい英語教育の方法についてお伝えしていきます。

お伝えする前提として、両親とも日本人でバイリンガルではない人向けになります。

幼児の英語教育の落とし穴のセミリンガルとは

セミリンガルとは、日本語と英語のどちらも中途半端で 、日本人なのに日本語を母国語として習得していない状態のことです。

極端な例ではありますが、保育園や幼稚園に入園する際に、英語どころか日本語すら身についてないということになってしまいます。

間違った英語教育を行ってしまった結果、このようになることもあります。

だからといって英語教育をやらないほうがいいということにはなりません。

幼児期から正しい英語教育をおこなっていれば子どもの可能性をさらに高めることが出来ます!

そのことについてお伝えしていきます。

幼児の英語教育の大切さ

幼児の英語教育の大切さは
【幼児教育】英語教育で教材は必要?具体的な勉強方法は?
幼児の英語教室は必要?
この記事にも書いてありますので是非読んでみて下さい。

他の記事にも書いてあるのでここでは簡単に書くと
・早く始めるほど有利
・お金もあまりかからない
・バイリンガルになれる

言葉を習得できるのは基本的にこの時期しかありません。
幼児はもともと言語に対して高い学習能力を持っています。

例えば、日本語を聞いているだけでしゃべれるようになっていきます。
同じように英語を聞き流すだけで覚えていきます。

この学習能力が高い時期に英語を取得しておけば、中学生や高校生になってから塾へ行くよりも断然にお金がかかりません。

幼児の時期に英語教育にお金をかけることは教育費の圧倒的な節約になります。
おおげさかもしれませんが、大学の費用まで計算すれば1000万円以上も節約できることになります。

バイリンガルになるメリットとは

バイリンガルになることであらゆる可能性が増えていきます。

このグローバルな時代においてバイリンガルであるということは圧倒的にメリットしかありません。

例えば、大学入試はもちろんのこと中学入試でも英語が出来ることで有利なります。

また、就活や入社後の昇格昇進においても強力な武器になります。

そして、英語で世界の最新情報にアクセス出来ます。これは仕事上では計り知れないメリットとなります。

バイリンガルを目指す正しい教育方法とは

小さい頃に英語を教えると日本語が能力が育ちにくいという人がいますが、正しい英語教育を行えばこのようなことにはなりません。

基本は日本語にプラスαで英語教育をするといことです。

ご両親とも日本語で話しかけ、しっかりと日本語教育を行います。
プラスαで英語教育を行えば、日本語に優れ、さらに英語が出来るバイリンガルに育ちます。

間違った英語教育とは

1番やってはいけないことは、カタコトの英語を聞かせることです。

両親が良かれと思って英語を話すことがあります。
その思いと行動は親として素晴らしいことですが、効果は最悪です。
間違った発音を覚えたり、めちゃくちゃな文法を覚えてしまいます。

両親が英語を話す必要はありません。しっかりと日本語で話してあげましょう!

ではバイリンガルを目指す正しい英語教育とはどのような方法かというと

リスニングで英語音声を大量入力(インプット)

幼児のころから大量のインプットすることで、英語を英語のままで理解する力を身につけます。

1日に1時間30分ほど英語の音声を聞き流しましょう。
教材やYoutubeなど利用していきましょう。
とにかく幼児の時期にしかこのインプットは出来ません。

今日から取り組んでいきましょう!
教材について⇒ 【幼児教育】英語教育で教材は必要?具体的な勉強方法は?

リーディングで英語の読解力を育てる

日常会話が出来るようになるだけでは英語を習得したとは言えません。
読解力を育てることで英語を完全に習得できます。
この内容について詳しくは別の記事に書きます。

英検で習得レベルを確認

小学生の間に英検準2級を目指しましょう!

読んでほしい本の紹介

私が英語の記事で書いてある内容のほとんどはこの2つの書籍から書いています。

もっと詳しく知りたい方は是非購入して読んで下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です